ピュリナワン『下部尿路の健康維持 F.L.U.T.H.ケア チキン』の口コミは高いの?

 

猫にとって気を付けるべき病気の一つとして下部尿路疾患です。普段の予防としてはマグネシウム量を抑えたり尿pHのコントロールを行ったりする事が重要となります。飼い主さんが出来る事は食事に気を使う事です。

 

ピュリナワンの『下部尿路の健康維持 F.L.U.T.H.ケア チキン』は、名前の通り下部尿路の健康をサポートしてくれるタイプのフードです。では、どの様な成分で口コミは高いのでしょうか?低いのでしょうか?徹底的に調べてみました。

 

下部尿路の健康維持 F.L.U.T.H.ケア チキンの不満な口コミ

 

 

下痢をしてしまう。

 

10歳の猫と子猫を飼育していますが、フードをこれに統一したところ下痢をするようになってしまいました。子猫には合っているのですが、もう一匹の猫だけが下痢になります。

 

10歳の猫ちゃんには別のフードを探してあげようと思います。


 

 

食べてくれません・・・・。

 

2頭の内、食べてくれたのは1頭だけ。残念です。チキンを購入しましたが、チーズっぽい匂いづけが苦手だったのかもしれません。

 

ちなみにピュリナワンの避妊去勢タイプのフードは、どの猫にも人気でした。


 

 

うちの猫ちゃんには不評でした。

 

5歳の食いしん坊な愛猫がいます。最初の内はバクバクと夢中で食べていたのですが、しばらくするとボロボロとこぼす様になってきました。別のフードに変えたところ元通り食べてくれます。

 

やっぱり好き嫌いもあるのか食い付きがいまいちで残念でした。


 

やはり、どんな良いフードであろうと猫ちゃんにとって合う合わないというのは必ず出てきてしまいます。ですので、下痢や便秘・嘔吐になってしまう様な症状が出た場合は別のフードに切り替えた方が良いです。すぐさま与えるのは止めましょう!でも、食べてくれないや食い付きが良くないという場合は元々のフードに混ぜて新しいフードに慣れさせると良いかもしれません。

 

猫ちゃんは環境の変化に敏感で慎重な生き物なので、フードを変えた所で直ぐに食べてくれる事は少ないかもしれないです。

 

 

下部尿路の健康維持 F.L.U.T.H.ケア チキンの満足な口コミ

 

 

食い付きが良いです!

 

当方は多頭飼育です。正直に言うと10匹の中で2匹は、そんなに好きじゃないみたいです。でも、他の8匹は食い付きがかなり良くバクバクと食べてくれています。

 

価格もリーズナブルなので継続しやすいです。


 

 

本当におすすめです!

 

我が家には1歳から9歳の7匹の食いしん坊な猫がいます。色々なドライフードを試していますがピュリナワンは食べ残しも嘔吐も無く一生懸命食べてくれています。

 

飼い主としては元気に食べてくれる事が本当に嬉しいです。


 

 

定期便にしました。

 

下部尿路結石の愛猫の為に購入しました。療法食から移行して2カ月が経過しましたが、今のところ再発もしていないようです。

 

愛猫も気に入ったみたいで、毎日お皿が空になります。これを機会に早速定期便で購入する様にしました。


 

下部尿路疾患は猫ちゃんにとっては悩みの一つとなる病気です。ですので、普段の食事に気を付けて予防対策を練る事が重要になります。猫ちゃんがいつまでも元気でいられる様に尿pH・マグネシウム量に気を配ってご飯を食べさせてあげましょう。

 

 

ピュリナワン『下部尿路の健康維持 F.L.U.T.H.ケア チキン』にはどんな物が使用されているの?

猫ちゃんが下部尿路の健康を維持できるように、尿pHとマグネシウム量に気を付けられている『下部尿路の健康維持 F.L.U.T.H.ケア チキン』ですが実際にどの様な原材料が使用されているのでしょうか?愛猫にとって健康害になるものは入っていないのか調べてみました。

 

 

コーングルテンミール、とうもろこし、チキン、米、小麦粉、油脂類(牛脂、大豆油)、卵、たんぱく加水分解物、カゼインナトリウム、ホエイパウダー、ミネラル類(カルシウム、リン、カリウム、ナトリウム、クロライド、鉄、銅、マンガン、亜鉛、ヨウ素、セレン)、アミノ酸類(リジン、タウリン)、ビタミン類(A、D、E、K、B1、B2、パントテン酸、ナイアシン、B6、葉酸、ビオチン、B12、コリン)、酸味料、酸化防止剤(ミックストコフェロール)

 

下部尿路の健康維持 チキンタイプは香料・添加物は未使用で酸化防止剤として使われているビタミンEも害にはなりません。但し、メインで使用されているのがコーングルテンミール、とうもろこし、チキンです。

 

生で与えるわけではありませんのでトウモロコシに関しては問題ないかと思いますが、もしトウモロコシに対してアレルギーを持っているのであれば一旦掛かりつけのお医者さんに相談したり、与えること自体を止めておいた方が良いかもしれません。

 

と言っても猫ちゃんに悪影響を及ぼす様な量を使用しているとは思えないので、気に入る様であれば食べさせても問題ないです。

 

どの位の量を与えるのがベストなのか!?

 

ピュリナワン『下部尿路の健康維持 F.L.U.T.H.ケア チキン』ですが、毎日どの位の量を与えるのがベストなのでしょうか?

 

猫の体重

一日の給与量

2kg

30g

3kg

40g

4kg

60g

5kg

70g

6kg

80g

7kg

100g

 

ピュリナワン『下部尿路の健康維持 F.L.U.T.H.ケア チキン』

猫ちゃんは成猫を過ぎたあたりから下部尿路疾患にかかるリスクが高くなると言われています。この下部尿路疾患に掛かってしまった場合は病院に行き治療を施す事になるのですが、再発する事もある厄介な病気です。

 

何より重要なのは普段の食事から予防する事です。その為には尿pHの値をコントロールしてマグネシウム量を調節して、成猫に多いストルバイト尿石に掛かりにくい様に配慮する事です。

 

ピュリナワン『下部尿路の健康維持 F.L.U.T.H.ケア チキン』は尿pHを約6.0-6.3に設定されており、マグネシウム量を0.08%まで抑えられています。

 

あくまで猫の下部尿路の健康維持に配慮した総合栄養キャットフードです。決して『ピュリナ ワン 下部尿路の健康維持 F.L.U.T.H.ケア』は病気の治療を目的としてはいません。

 

普段の食事から変えていきたいと考えている方には非常にオススメのフードです。

価格 容量 評価
一カ月に一回 定期便1,489円 2.2kg ピュリナワン 下部尿路の健康維持 F.L.U.T.H.ケア チキン 口コミ,ピュリナワン下部尿路 チキン,ピュリナワン 下部尿路ケア

 

 

 

 

トップへ戻る